2020年07月05日

「不本意なことと拝察いたします」なら誠実に対応してほしい

Twitterアカウントがロックし、異議申し立てをした人に、次のようなメールがTwitter社から届くことがあるそう。

ご利用ありがとうございます。

お客様が該当アカウントの所有者であることを確認できませんでした。不本意なことと拝察いたしますが、このアカウントへのアクセスにつきましてはこれ以上のサポートはできません。

アカウントに登録されたメールアドレスがわかっているものの、そのメールアドレスをご利用になれない場合は、メールのプロバイダーにお問い合わせください。

プライバシー保護のため、このアカウントのメールアドレスに関する情報は一切提供できません。

アカウントを新たに作成してまたTwitterをご利用いただければ幸いです。

このメールは送信専用です。このメールに返信しないでください。

よろしくお願いいたします。

Twitter


何年も運用しているTwitterアカウントの正式な所有者であり、メールアドレスもアカウントに登録してあるものだというのに、このような内容でロック凍結の解除を拒否されたとのこと。

そもそも、電話番号を登録しなければ他の個人情報も登録しないわけなので、どうやって正当な所有者であることを証明しろと言うのでしょう。それを証明できるのはTwitter社だけ。立証責任はTwitter運営にあるでしょう。

こんなメールが来た場合、どうやって自分が所有者であることを証明したらよいのか。

「不本意なことと拝察いたしますが…」って、これ以上の不本意なんてないでしょ?
自分のアカウントなのだから。
拝察するなら解除しろって話です。

メールアドレスのことばかりに言及しているので、メアドがおかしいような雰囲気がただよっています。

Twitter社がメアドのデータを紛失したのでしょうか?
それとも、登録メアドが何者かに改ざんされたとか?

いやほんと、こんなときにどうやって自分が所有しているアカウントだと証明したらいいのでしょうか。

何かの拍子にアカウントがロックされることは誰にでもあります。悪いことをしていなければ、異議申し立てをすることですぐに解除されるのが平常時の運営でした。

コロナの影響なのか、解除されるまでに一ヶ月ほどかかるようにはなっているものの、問題なければ解除されることがわかっているので、この御時世だから仕方ないと思うしかないところ。

しかし、ひと月待っても解除されないとなると困ってしまいます。

自分が正当な所有者であることにつながりそうな情報を書いて、異議申し立てするしかないのかも。

解除されたかどうかがわかれば、また投稿したいと思います。
posted by クチコミニスト at 13:29 | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする