2019年08月10日

内容証明郵便を送るも凍結解除ならず

ツイッタージャパンの本社に突撃すると凍結を解除してもらえるという話は、今もまことしやかに流れてくることがあります。数年前は、実際に解除してもらえたケースがあるらしい。でも最近は何か書類を書かされるだけで、解除になるかどうかはわからないというのが実際のようです。


凍結解除のために東京まで行けないような地方の人の場合として見かけるのが、内容証明郵便を送るということ。内容証明郵便で解除されたという人を見ていたのですが、無視されたという話も読んでいたこともあり、私は保留にしていました。


ところが、少し前に内容証明郵便で凍結解除されたというツイートが流れてきたので、ついに自分もやってみることにしたのです。やるだけやってみようという気持ちですね。ダメ元で試してみようと。もしうまく行けば、それでいいのだし…。


ネットにある文例を参考にして作成し、「eー内容証明」で送付することにしました。「eー内容証明」にあるワードのテンプレートをそのまま使うことができ、印刷も封筒に入れたりするのも、全部おまかせでやってくれるのです。もちろん配達も。1500円くらいで。配達証明を付けて、300円くらいプラスになったんだったかな。


タイトルにあるように、凍結解除にはなりませんでした。同じ返事がいつものように届いただけ。読まれたかどうかするわかりません。配達証明は届いたので、先方には届いてはいます。無視かもしれませんし、内容証明が届いたとしても凍結を解除できないほどの違反なのかもしれません。書いた内容がいまいち効果がなかった可能性もありますけどね。


ドキドキしながら送ったわけですが、まったくの効果なしでした。スルーされたとツイートしていた人もいたので、私もスルー組だったようです。成功した人もいるらしいんですけどね。


内容証明郵便を試してみるかどうかモヤモヤしていましたから、この点ではやってみて「ダメだったか」とスッキリしました。
しかし、内容証明郵便でもダメということに。


弁護士に頼んだという話もあるけれど、それでもダメらしいからね。裁判やった人とかは聞かないよね。集団訴訟とかって、効果ないのかな? 凍結されている人が集まれば、結構な人数になると思うけど。
でも、天下のツイッター様だもの、優秀な弁護団が付くのだろうしね。完全に無罪というわけでもないわけだから、それで裁判に勝てるわけもないか。そもそもツイッター内で決められているルールの話だし。


凍結解除されないのかな……。
どうにか方法はないものか。

posted by クチコミニスト at 22:42 | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする