2010年01月05日

妖精たちの宴(ノンアルコールワイン)

「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」で飲んでいた「妖精たちの宴」というワイン。ノンアルコールワインなのに、すっかり騙されて酔っ払っていましたけど、ノンアルコールワインというワインがあるなんて私は知らなかったのでビックリしました。

ノンアルコールビールが昨年はヒット商品になりましたが、ワインのほうは既に存在していたんですね。テレビで見ちゃうとお取り寄せしたくなるのが私の悪い癖ですが、ネットで通信販売しているので購入できますね。

妖精たちの宴」という名前も素敵です。ソムリエも認めているワインらしく、極上の赤ワインを思わせる深い味わいと品格があるそうなんです。ひるぜん産高級山ぶどう果汁だからアルコールは含まれていないというわけなのか〜。

山ぶどうはぶどうと比較すると、カロリー30%オフ、ポリフェノールが8倍、鉄分及びカルシウムは7倍も含まれているというのですから、ワインを飲むよりこちらを飲むほうがいいのかもしれません。

数日前から母がポリフェノールは健康に良いからと赤ワインを飲むようになったのですが、健康を考えるならノンアルコールワインの「妖精たちの宴」を飲んだ方がいいのかもしれないですよね。

アルコールは含まれていないから、子どもでも飲めるワインということだし、妊娠している妊婦さんや、自動車の運転をする予定の人も飲むことができますよね。母の誕生日とかに、このワインをプレゼントしようかな〜。そのときに飲ませてもらうことにしようかな〜。
posted by クチコミニスト at 16:29 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする