2010年01月18日

桃色にごり酒、ピンクの日本酒

桃色にごり酒の出荷が始まったようですね。
大分県杵築市南杵築の中野酒造が昨年販売して評判になった、ピンクの日本酒「桃色にごり酒」ですが、今年は去年の2倍出荷予定なんだそうです。

ピンクの日本酒なんてどうして人気なのかな〜って思ったら、ひなまつりやお花見のために「桃色にごり酒」を買う人が多いんだそうです。なるほど!って感じですね。雛祭りとお花見にはピッタリですもんね。

どうやって桃色にしているのかと思うところですが、発酵する過程で発色し、お酒を薄いピンクに染める「赤色清酒酵母」というのを使用しているんだって。

昨年は約1600本販売したそうなのですが、すぐに完売したので、今年は1月と2月下旬の2回に分けて出荷するのだそう。2倍にしてもすぐに売り切れそうですよね。

成人式は終わっちゃったけど、成人した女性へのプレゼントにもいいかも。ピンク色なので女性へのプレゼントなら適しているかもしれませんね。中野酒造の中野淳之専務さんのお話では「甘口で、女性にもお勧め。食前酒に適しており、和菓子とも一緒に飲めます」と話しているんだって。和菓子と一緒でもオッケーというのなら、桜餅と一緒がいいのかな?

1本880円で、市内外の酒類販売店などで販売しているみたいだけど、ネット通販でお取り寄せすることは無理かな?本数が少ないもんね。桃色にごり酒」はこの中野酒造さんだけでしか買えないのかな?他のお酒屋さんは出してないのかな?ピンク色って女性は好きだから、ピンクの日本酒は売れますよね、きっと。バレンタインデーのお返しにホワイトデープレゼントなんかに使うのもいいのかもしれないけど、3月には売り切れてますよね。他にはないのかな〜?
posted by クチコミニスト at 14:17 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする