2010年01月25日

金沢 観光 ホテル 旅館「金沢の宿 由屋るる犀々」

金沢の宿 由屋るる犀々」という旅館が話題になっているというので調べてみたのですが、新日本プロレスの大森隆男選手が実家の金沢に拠点を移して活動することになって、その実家というのが「金沢の宿 由屋るる犀々」という旅館?ホテル?なのだそうです。

由屋るる犀々」って面白い名前ですよね。何て読むのかと思ったら、「由屋るる犀々(ゆうやるるさいさい)」って読むようです。由屋るる(ゆうやるる)も犀々(さいさい)も何か意味があるのでしょうね。何だか、ゆったりのんびりできるような雰囲気が漂ってきます。それにしても珍しい名前ですが、由緒正しい、老舗旅館という雰囲気も漂ってきます(笑)。

ホームページを見てみたら、物凄い立派な建物だし、部屋から見える景色も素晴らしく、お風呂や料理も素晴らしい感じでしたからビックリしちゃいました。プロレスラーというとガサツなイメージがありますから、それとはあまりに真逆なのでね。まぁ、プロレスラーのような旅館って一体何?って感じですけどね。

でも、こんな素敵な旅館の後を継ぐってことは、もともとお坊ちゃんだったのかな〜。大きな老舗旅館の跡取り息子ってことだったんでしょ?お金持ちの子どもだったけど、決められたレールには乗りたくなくてプロレスラーになったという感じだったのでしょうか?

石川県金沢市には一度旅行で行ったことがありますが、素敵な土地ですよね。大森選手も、世界各地に行ったけど、金沢は心に残る素晴らしい街ということを言ってますが、本当にその通りだと思います。奥さんはすでに『金沢の宿 由屋るる犀々』でおかみとして頑張っていらっしゃるんですね。『「金沢の宿 由屋るる犀々」女将ブログ〜素敵な旅館の作り方』というブログは、その奥様のブログのようです。大森選手のファンなら、彼に会える旅館として人気にもなるかもしれないですね。
posted by クチコミニスト at 14:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする