2010年01月26日

久保田カヨ子の手作り育児ポスター『うまんま』(エチカの鏡)

エチカの鏡」の話をまた母がしていたのですが、私は見たことがない番組なので詳しいことがわかりません。おばあちゃんの育児の話が良かったとか言っていたのですが、それは、この久保田カヨ子さんのことのようですね。番組のレギュラーかゲストだったのでしょうか?

この時の話が母の状況と似た感じだったことから共感していたようなのですが、ガバイばあちゃんみたいな感じなの?違うのかな?

うまんま」という育児教科書のようなポスターを出されているようですね。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、『0歳からの育児法』という教育法も実施し夫の脳科学理論に基づいた本を出版、とありました。旦那さんは久保田競という人のようです。こちらも有名なのかな?

その久保田カヨ子さんの手作り育児ポスター『うまんま』というのは、部屋の壁や冷蔵庫のドアなどに貼れる育児ポスターだそうで、久保田カヨ子さんの育児の知識と実践方法を、子育ての時期に合わせて、子育てをしながら、1年間学んでいくように作られているんだって。

ポスターというのは面白いですね。これなら子どものパパもふとしたときに見ることができるかもしれません。最近は「イクメン」という言葉もあるように、育児に参加する父親も増えているようだけど、非協力的な旦那さんなら、育児書なんて見ないでしょうからね。

なんでも、育児本は世の中にたくさんあるけれど、お母さん想いの実践本となると、なかなか無いのが現状だと書かれています。全く新しい発想の手作り育児ポスター『うまんま』は、久保田カヨ子さんならではの“脳科学”と“愛情”と“実践”の集大成なんだそうです。子育て中の忙しいお母さんに気軽に読んでもらえるよう、部屋の壁や冷蔵庫のドアなどに貼れるポスター形式を採用したので、赤ちゃんを抱っこしながら、また、キッチンで食事を作りながら、手が離せない状態でも読める、そんなお母さんの日々の育児を応援するポスター、というわけか。なるほどね。
posted by クチコミニスト at 16:59 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする