2010年01月27日

パパイヤ鈴木ダイエット本「デブでした。」

今朝の「はなまる」のゲストは、パパイヤ鈴木さんでした。30キロのダイエットに成功し、そのダイエットの秘訣も話すということで見てみました。そういえば、大河ドラマ「天地人」を私は見ていましたが、どんどん痩せていったのはダイエットをしていたからなんですね。

パパイヤ鈴木さんのダイエットは、
 1.ゆっくり噛んで食べる
 2.Mを楽しむ
 3.パパ登り

の3つがコツとしてあげられていたかな(こんな感じだったと思います)。

1については、玄米の一粒一粒も味わって食べると、知らなかった味がおいしいっていうようなことを言ってました。私もダイエット経験がありますが、この気持ちは良く分かります。

2についても私は共感しました。パパイヤ鈴木さんは「オニギリ1個で済ませたぞ!」というマゾっ気を楽しんだというようなことを言ってましたが、私のダイエットでもそういうのを楽しんだところがありました。自分をいじめて快感を得るMなんですよね。MでありSなのかもしれません。自分をいじめるSと、それで快感を感じるMです。

3についてはパパイヤ鈴木さんの二人のお子さんがパパイヤさんを文字どおり登るんですって。それを支える姿勢がスクワットのような姿勢になるので筋トレ効果があったということのようです。

パパイヤ鈴木さんはこのダイエットについて本を出したようで、「デブでした。」というタイトル。サブタイトルが『目標を決めない「なんとなくダイエット」で劇的変身!』というもので、早速本屋さんに行って見てきました(買わなかった)。面白そうだったので買いたかったんですが、今日のところは様子を見ることにしました。別の本を買っちゃったし。

でも、全然辛くないダイエットだったみたいで、それで30kgも減らせたのならいいですよね。「はなまる」では3つの秘訣しか紹介されていませんでしたが、本をパラパラと見た感じでは、当然ですがもっといろいろなコツが書かれていました。とても真面目なダイエット本のように思いました。
posted by クチコミニスト at 13:59 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする