2010年01月27日

マタニティーマーク、知りませんでした

「マタニティーマークの配布率76%」というニュース記事が目に留まりました。恥ずかしながら、私はマタニティーマークなるものを知りませんでした。見聞きすること自体初めてなんですが、そんなに普及しているものなんですね。みなさんはご存知なのでしょうか?知らない人は私と同じで、マタニティーマークとは何なのかと思うでしょうが、妊産婦が交通機関などの利用時に着用し、周囲が配慮を示しやすくするためのマタニティーマーク入りグッズのことなんです。マタニティーマーク入りのキーホルダーやバッジなどがあるんだそうです。

でもこれね、妊娠されている女性はご存知なんでしょうけど、周りの人がそういうマタニティーマークというものを知っていなきゃ何の意味もないですよね。それに、そもそも妊産婦に席を譲るなどの配慮をすべきだということを知らない人も少なくないのかもしれません。厚生労働省や市町村がもっと周知徹底しなきゃだめですよね。

実際にマタニティーマークをつけていた女性の体験談を探してみると、案外マタニティーマークは効果があるみたいです。マークについて知っている男性が気を使ってくれることが多いようですよ。ただ、これもよくある話だと思いますが、席を譲りたくないから寝たふりをする人はいますもんね。そういう人にはマタニティーマークも効果がないってことになりますよね。

このマタニティーマークは配布されるものなのでしょうか?市町村が無料で配布しているってことなんですよね?配布場所は市区町村?母子手帳ってどこで渡されるんですか?母子手帳と一緒に渡すようにしたらいいのかも。マタニティーマークは席を譲って欲しいという意味だけでなく、お腹を圧迫しないようにして欲しいという意味もあるみたいです。満員電車はギュウギュウですもんね。たしかに妊産婦さんにとっては怖いんだと気づきました。
posted by クチコミニスト at 14:53 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする