2010年02月07日

ソフロロジー出産法

今夜の「エチカの鏡」は、出産に関する内容のようですね。その内容の中で、ソフロロジー出産法というのが紹介されるみたいなんですが、ソフロロジーというのは初めて聞いた単語です。何でも、笑顔で、痛みをほとんど感じることなく出産できる出産方法がソフロロジー式分娩法ということらしいんですよね。出産中の妊婦が笑ってるそうなんです。

ソフロロジーってどんな出産法なんでしょうね。

ソフロロジーを体験したブログなどもまだそれほどないのかな?赤ちゃんのことを一番に考えて、痛い陣痛も前向きにとらえることで恐怖もなくなり、痛みも感じずに出産できるという感じみたいです。麻酔を使わなくても痛みを感じないで出産できるように、ソフロロジーのCDやDVDなどでトレーニングをするようですね。イメージトレーニングを繰り返すということなのでしょうか?

麻酔や薬を使わない出産ということだから、自然分娩と言うことなのかな?自律分娩と言った方がいいのかな?ママと赤ちゃんのペースで出産が進んでいくことのようですね。

じゃあ、ソフロロジー法とラマーズ法の違いはどこにあるんでしょう。自然分娩との違いは何なのでしょうね。ソフロロジーのCDやDVDを使えば、独学で身につけることも可能なようです。

今夜の「エチカの鏡」ではどのように紹介されるのでしょうね。ラマーズ法といえば「ヒーヒーフー」の呼吸法が有名ですが、ソフロロジーの呼吸法というものもあるのかもしれないですね。「陣痛が待ち遠しくなる魔法のような出産方法」とまで言われたりするソフロロジーは、これからの主流になるのかな?それとも今すでに主流なんですかね。
posted by クチコミニスト at 11:18 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする