2010年02月24日

花粉症にヨーグルト?

花粉症に苦しめられる季節が始まったところもあるのでしょうね。今年の花粉は少ないなんて言われてますが、実際にはどうなのでしょう。花粉症にヨーグルトが効果的という話を聞きました。花粉症対策や花粉症予防などをしっかりしたり、マスクやメガネをしたり、サプリメントを飲んだり、病院や薬局などでお薬をもらったりしている人でも、花粉症の特効薬を探し続けている中、ヨーグルトが効くのなら嬉しいことですよね。

お医者さんの話では、マウス実験で乳酸菌が食物アレルギー反応を抑制する効果を持つことがわかったそうなんです。ということは、乳酸菌入りのヨーグルトがいいのかもしれないですね。花粉症歴が短い人なら、ヨーグルトを一日200ml以下くらいでも有効だったとか。でも、花粉症歴が10年以上の長い人、喫煙者、幹線道路の近くに住んでいる人は、効果が弱かったそうなのです。

ヨーグルトLG21とかが良いのかな〜?乳酸菌が花粉症に効くということで、ヨーグルトだけでなく乳酸飲料を飲むようにしている人がいて、改善されている人もいるみたいです。乳酸菌飲料といえば、Bikkle(ビックル)、ヤクルトなどですよね。北海道ならカツゲンもかな(笑)

乳酸菌入りのサプリメントで症状が良くなった人もいるみたいですが、子供の頃からヨーグルトは食べてるけど花粉症に苦しんでいる人もいるみたいです。ヨーグルトなら乳酸菌は必ず入っているものなんでしょうか?乳酸菌の量って、きっとヨーグルトによって違いますよね。「生きて腸まで届く」なんていう名前のものなど、最近はいろんなヨーグルトがあるから、乳酸菌がたくさん入っていて、きっちり吸収されるタイプのヨーグルトが花粉症には効果が高いのかもしれないですね。

もちろん薬ではないから、効く人・効かない人はいるのでしょうけど。サプリメントなども効果が出るまで1〜3ヶ月なんて言われてますから、ヨーグルトや乳酸菌飲料も気長に飲み続けたほうがいいのでしょうね。ただ、食べ物でもサプリでも何でもそうでしょうが、効果の出る出ないがあるのがやっかいですよね。
posted by クチコミニスト at 14:25 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする