2010年02月24日

結露でカビだらけの壁、布団、毛布

昨日、深夜のオリンピックを見るために、テレビのある部屋で仮眠をしようと押入れから布団を出そうと思いました。普段は使わない布団や毛布なのですが、出してみるとなんとカビが生えてるではありませんか!何枚も重ねてある布団や毛布を確認してみると、その中の多くにカビが生えてるんです。「しまった!結露だ!」と思ったのですが、もう遅いですよね。全部出して壁を見てみると、壁にもカビが・・・。もうガッカリです。

イヴサンローランのタオルケットは一度も使ってないのに、使う前にカビにやられちゃいました。毛布やタオルケットは洗濯してみたら数枚は大丈夫でしたが、布団の洗濯は専門業者に頼まないと無理かな〜。灯油ストーブだと結露がすごいから注意するのですが、今はそうじゃないので乾燥してたものだから油断してました。

ウォークインクローゼットだったのですが、今冬はそこの入り口の戸を閉めていたんです。そのほうが部屋が暖まりますから。でも、この入り口を開けておくべきでしたね。そうしたらカビは生えなかったのかな〜。でも冬は壁が冷たくなるから、そこに布団などを着けておくと結露が出ちゃうみたいなんですよね。壁から数センチ離して、換気にも気をつけていないとだめだったんです。ためしてガッテンでもそう放送してました(笑)。

結露防止シートとかスノコなどの結露対策グッズを使っていれば良かったんでしょうね。壁紙も浮いちゃってるから、張り替えなきゃだめかな。窓ガラスもよく水滴がついていたし、窓枠は黒いカビが生えてるもんな〜。窓ガラス用結露対策グッズや押入れ用結露防止用品などを探してみようかな。

posted by クチコミニスト at 16:37 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする