2010年02月24日

ジョセフジョセフ(JosephJoseph)

ジョセフジョセフという文字がヤフートップページで見つけて、「これは何?」と思ったものだから見てみると・・・こんなのや

 

こんなのや


こんなのが出てきました。


いったいなんだろう???と思ったら、なんと「まな板」だと言うんですよ。びっくりしちゃいました。

JosephJoseph(ジョセフジョセフ)というのは、イギリス・ロンドンで双子のジョセフ兄弟が設立したキッチン・テーブルウエアのメーカなんだそうです。もともとは自動車ガラスメーカだったのですが、斬新なデザインの強化ガラスのカッティングボードは、欧米でもその品質とデザインで人気があると説明されてます。

強化ガラスだから傷が付きにくく、臭いや汚れも完全に洗い流せて衛生的なのだそうです。さらに、吸収性がないから、バクテリア・サルモネラ菌などの繁殖もしないし、黒ずみ・カビなどの心配もないとか。なるほどね〜。

オレンジの輪切りのようなデザインは確かに斬新だし、チリトリのような形をしたまな板は、切った食材をそのまま鍋やフライパンへ入れることができるわけです。『インデックスまな板』 も、インデックス部をつまんで出し入れするんだそうです。
面白いですよね。

まな板に水切りがついているデザインのものもあるし、他にもいろいろと遊び心のあるデザインのまな板もあって、それプラス実用的だから、なかなか良さそうですよね。

ジョセフジョセフの店舗で実際に見てみるだけで楽しそうなんですが、どこかにあるかな〜?なければ通販で買うしかないですけどね。

posted by クチコミニスト at 18:27 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする