2010年03月08日

住宅エコポイント、対象期間・工事内容や注意点

住宅エコポントの申請受け付けが開始されましたね。省エネルギー性能が高いエコ住宅の新築やエコ改修に対しポイントが与えられる住宅エコポイントは、自動車や家電などのエコポイントの住宅版ということなんでしょうね。1ポイント1円相当で、1戸当たり30万ポイントが与えられるとか。つまり30万円分ってことですよね。新築や改修を対象期間中にする人にとっては嬉しいですよね。でも、「住宅エコポイント」の対象となる工事内容や時期によって対象外となるものもあるようだし、一部の制度と併用できないこともあるので注意が必要のようです。こちらの記事から引用します。



<住宅エコポントの対象>
一戸建ての持ち家だけでなく、マンションなどの共同住宅、賃貸住宅、寄宿舎、別荘を含む。敷地内に離れを建てる場合、水回りがあるなど独立して住めるなら新築とみなされますが、勉強部屋などはリフォーム扱い。

<住宅エコポントの工事内容>
新築では省エネ法などに基づく基準を満たす必要がある。窓の改修も所定の基準が条件。外壁や屋根、天井、床の改修でも、所定の断熱性能の断熱材を使う。対象製品が地域により異なる場合もあり、メーカーなどに確認するとよい。長期優良住宅の補助金や、介護保険を利用したバリアフリー改修など他の制度と併用できない場合がある。対象となる工事期間も新築とリフォームによって異なるため、注意が必要だ。

<住宅エコポントの発行ポイント数>
新築は一律30万ポイント(1ポイント=1円相当)。リフォームは工事内容によって異なり、1戸当たり計30万ポイントが上限。

<住宅エコポントで獲得したポイント>
環境に配慮した商品や商品券、地域産品など500商品から選んで交換する。ポイント対象外の水回りなどの工事費用に充てる「即時交換」も可能。ポイントで水回りの工事をして、余ったポイントを商品券に、という利用もできる。環境保全のための寄付も可能。

<住宅エコポント発行申請>
全国約3800カ所の窓口や郵送で受け付ける(即時交換は窓口のみ)。工事証明書や現場写真などが必要で、工事業者による代行が多くなりそう。

<住宅エコポント申請期限>
新築のうち一戸建ては来年6月末、マンションなどの共同住宅は来年末(うち11階建て以上は平成24年末)、リフォームは来年3月末。予算額を超える場合は期間内でも締め切るが、「そうならないよう、十分なポイントが用意されている」(関係者)。ポイントを商品に交換する期限は25年3月末。

 工事後にポイント対象外と分かることのないよう、事前に工事業者などに十分確認することが望まれる。

 問い合わせは住宅エコポイント事務局(電)0570・064・717(毎日午前9時〜午後5時)。

              ◇

■住宅エコポントの対象となる工事期間

 【新築】

 平成21年12月8日〜22年12月31日に着工し、22年1月28日以降に工事が完了し引き渡されたもの

 【リフォーム】

 22年1月1日〜12月31日に工事着手し、22年1月28日以降に工事が完了し引き渡されたもの

※1月27日以前に工事完了したものは対象外。工事完了、引き渡しの期限はないが、ポイント申請には期限がある。

              ◇

■住宅エコポントの発行ポイント数

新築        30万
内窓設置・外窓交換 7000〜1万8000
窓ガラス交換    2000〜7000
外壁        10万
屋根・天井     3万
床         5万
手すりの設置    5000
段差解消      5000
廊下幅など拡張   2万5000

posted by クチコミニスト at 09:56 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする