2010年03月22日

アトピー薬「プロトピック」使用後にがん

アトピー薬「プロトピック」使用後にガンというショッキングなニュース記事がありました。日本でも販売されているアステラス製薬の「プロトピック」(一般名・タクロリムス水和物)と、日本未発売のノバルティス社(スイス)の「エリデル」の2種類のアトピー性皮膚炎治療薬を使った米国の子どもが、2004年1月〜09年1月の5年間に計46人、白血病や皮膚がんなどを発症し、このうち4人が死亡したと米食品医薬品局(FDA)に報告されていることが分かったそうなのです。
記事の中では、適応対象外の子どもに使ったり、長期間使い続けたりするなど、使用法が守られていないケースが多いということなのです。使用法を厳守していれば大丈夫だとは限らないですよね。怖い・・・。

現時点では因果関係は明確ではないみたいですが、発がんと関連する恐れがあるとして、FDAは近く専門家会議を開き、薬の添付文書改訂を検討するそうです。添付文書を改訂するだけで大丈夫なの?日本でもすぐに改訂されるのでしょうか?

もう一つの薬「エリデル」のほうも塗り薬で免疫抑制作用があるようなのです。どちらも免疫を抑制するから、このような副作用もあるってことになるのでしょうかね。

FDAによると、0〜16歳でプロトピックを使った15人、エリデルを使った27人、両方を使った4人の計46人が皮膚がんやリンパ腫、白血病を発症したんだそうです。

アトピーで悩んでいる人は多いと思いますし、実際にこのアトピー治療薬を使っている人もいると思いますが、もっと大きく報道されてもいいんじゃないでしょうかね。大きな記事やニュースになっていたのでしょうか?因果関係がハッキリするまで待っている間にどんどん被害が広がってしまうことにもなりますよね。

posted by クチコミニスト at 10:37 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする