2010年04月13日

掛布雅之さん自宅、競売開始決定

今朝の新聞を見てビックリしました。ミスタータイガース、阪神タイガースの元内野手で、野球解説者の掛布雅之さんの自宅が競売されることになったという記事があったからです。去年あたりからでしたでしょうか、掛布さんが事業資金の返済に行き詰まっているようなことが報道されましたよね。野球解説からも外されたとかで心配していたのですが、テレビなど動産13点の競売も決定しているのだそうです。

登記簿によると、対象は約320平方メートルの宅地と延べ約600平方メートルの鉄筋4階地下1階の建物だそうですが、写真を見ると豪邸ですよね。ミスタータイガースで、引退後も活躍されてましたから、豪邸は当たり前か。

でも、金融機関が競売を申し立て、3月31日に決定が出て、豊中市も2月に自宅を差し押さえているのだそうです。掛布さんは、2008年秋、固定資産税や住民税の滞納を理由に、同市に一時、自宅を差し押さえられたことが判明し、昨年9月には、借入金を巡る訴訟の判決で、同地裁が、掛布さんと妻が経営する会社2社に計約1億5400万円の支払いを命じていたんだそうです。今年1月の控訴審では証人として出廷し、借金返済のため高利貸を利用していたことを明かしていたそう。

競売開始決定に掛布氏のマネジャーは「現在、確認中です」とコメントし、新聞の取材に、掛布さんは「解決に向け、前向きに対応している」としていると答えています。

大阪の人なら誰でも真似ができるほど愛された掛布選手がこんなことになるなんて・・・。でも、きっとまた復活しますよね。オールスターでホームランを3本も打ったスーパースターですもん。

posted by クチコミニスト at 16:23 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする