2010年04月14日

男性型脱毛症の診療指針、皮膚科学会が発表

額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる男性型脱毛症について、日本皮膚科学会が初の診療指針をまとめたことが、今日の新聞に出ていました。薄毛やハゲに悩む私にとっても嬉しい発表です。

治療薬や育毛剤成分、植毛などの対処法を5段階で評価したそうなのですが、その結果は以下のような内容でした。

A評価(強く勧められる) 
・リアップ(成分名ミノキシジル)
・プロペシア(成分名・フィナステリド、男性の場合

B評価(勧められる)
・自毛植毛

C1評価(考慮してもよいが、十分な根拠がない)
・育毛成分(t−フラバノン、アデノシン、サイトプリン、ペンタデカン、ケタコゾール)

C2評価(根拠がないので勧められない)
・飲み薬の1種類(成分名セファランチン)

D評価(行わないよう勧められる)
・人口毛植毛、プロペシア(女性の場合

記事によると、脱毛症の治療は、科学的な根拠が十分でない手法もあるため、皮膚科学会として国内外の論文をもとに検証し、A、B、C1、C2、Dの5段階に分けたんだそうです。

自分の後頭部の毛組織を移植する自毛植毛はB、化粧品メーカーが商品化する育毛剤などに含まれる成分はC1としています。

飲み薬の1種類は、効果について十分な評価ができなかったためC2に含め、化学繊維を使った人工毛植毛は、拒絶反応などの報告が多くDとされました。

ただ、女性が男性型脱毛症になった場合、プロペシアはDとされているので女性は注意が必要ですね。

その上で、対処はAとC1をまず推奨し、1年経過後に効果が表れない場合はBを勧めるという結論だそうです。

しかし、びっくりですよね。こんなこと発表されたら困っちゃうメーカーがたくさんあるのではないでしょうか?テレビCMなどでよく見聞きする成分名が出てきてますからね。逆に、強く勧められるとされたリアップやプロペシアは喜んでるでしょうね。こういう発表って、その団体を資金面で支援しているのがどこか?ってことが重要だと思うんですが、日本皮膚学会は社団法人のようなので、公平・公正と考えてもいいんですかね?

私は以前リアップをしばらく使っていたんですが、私には効果がなかったんですよね(効果があったからこの程度の薄毛で済んでいるのかもしれませんが・・・)。なので、リアップ×5に配合されているミノキシジルと同等の実力を持つ「プロキャピル」が2倍入っているという育毛ローションが楽天で通販できるようなので試してみようと考えています。
PHRローションをバージョンUP! リアップX5・ロゲインに配合の発毛成分“ミノキシジル”と同等...


posted by クチコミニスト at 16:01 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする