2010年04月14日

プロペシア(フィナステリド)を薄毛治療に強く推奨 日本皮膚科学会

リアップ(ミノキシジル)と同じA評価(強く勧められる)を得たのはプロペシアでした。成分名はフィナステリド。

これまで書いてきたように、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる男性型脱毛症について、日本皮膚科学会が初の診療指針をまとめ、治療薬や育毛剤成分、植毛などの対処法を5段階で評価したわけです。
そのA評価の一つがプロペシア(フィナステリド)だったんですよね。

私はリアップでお金を使っても効果を感じなかったからその時点で育毛や発毛は諦めたので、プロペシアもフィナステリドもよく知らないのですが、新聞記事によると飲み薬と書かれています。

飲み薬で薄毛が解消されるんですね。頭だけでなく他のところからも発毛したりしないんでしょうか?A評価なんですからそんなわけないですよね(笑)

調べてみたらフィナステリドとは、前立腺肥大症に使われていたんですね。その過程で脱毛に効果的ということが判明したのかな?

プロペシアは1日1錠内服の「飲む脱毛抑止剤」と呼ばれているんですね。男性ホルモンによる脱毛作用を抑止する作用があるのか〜。万有製薬が発売しているんですね。DHT(ジヒドロテストステロン)という髪の成長を妨げる原因物質を抑えることで効果を発揮するのがプロペシアなんですね。へぇ〜。

アメリカ食品医薬品局 (FDA) が認めた男性型脱毛症(いわゆる、若ハゲ)に有効な薬は、このプロペシアとミノキシジルのみなんですね。FDAは既にそういう発表をしていたのか〜。

男性型脱毛症以外の脱毛症(円形脱毛症など)には効果はないとされているんですね。ふ〜ん、そうなんだ〜。そっか〜、プロペシアの価格はどのくらいなんでしょう?プロペシアの通販は楽天ではできないみたいですね。探しても見つからなかったです。

ミノキシジルと同等の実力を持つ「プロキャピル」が2倍入っているという育毛ローションが楽天で通販できるようなので試してみようかとも考えています。
PHRローションをバージョンUP! リアップX5・ロゲインに配合の発毛成分“ミノキシジル”と同等...


posted by クチコミニスト at 17:54 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする