2010年04月20日

多重債務・債務整理の相談に「生活サポート基金」

NHKニュース「おはよう日本」で、「生活サポート基金」というものが紹介されたようです。「生活サポート基金」とは、多重債務・債務整理・債務相談等の生活再生を目的とした貸付事業やカウンセリング・コンサルティングを行う一般社団法人なんだそうです。
以前にも、TBS「サンデーモーニング」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」などでも紹介されていたようです。

経済的な問題で困っている、多重債務や債務整理の経験がある、銀行等から必要なお金が借りられない・・・などの相談に生活の安定を目的に様々な事業を行っているそうです。

そろそろ借金の総量規制が始まるんですよね?主婦が借金する場合に夫の承諾が必要になるとか、お金を借りるのが難しくなることを聞くたびに、「今でも厳しいから借金してるのに借りづらくなるなんて・・・」などと思っていました。でもこのような「生活サポート基金」なるものがあるのは心強いかもしれませんね。

調べてみたところによると、ノーベル平和賞で有名になったバングラディシュのグラミン銀行が実施しているマイクロファイナンス(小額融資)の考え方を生活再生ローンに取り入れたようで、無担保、小額融資を可能にしているようです。

2006年から貸付事業を開始したのですが、貸金業法の改正や経済状況の悪化により、2009年度は多重債務よりも、家賃滞納、公共料金・税金未払いなど生活困窮による相談が中心となっているんだそうです。

「生活サポート基金」という名前からも分かるとおり、市民の出資から成り立っているので、「個人再生ファンド」への出資も募集しているそうです。経済的な問題で自ら命を絶つ前に「生活サポート基金」に相談してみようと思います。

posted by クチコミニスト at 15:38 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする