2010年05月10日

豚肉の蒲焼(秘密のケンミンSHOWより)

豚蒲重、おいしそうでしたよね。秘密のケンミンSHOWで紹介されたのが、岡山県岡山市でブームになっているという豚蒲重。お重のフタを開けてみると、見た目はウナギの蒲焼なんですが、実は豚肉を使った蒲焼だったんですよね。

厚めにスライスした豚バラ肉を真ん中から切れ目を入れて開きにするんです。ウナギを開いたのと同じような感じにしてました。

そしてウナギの蒲焼と同じように網でタレをつけながら焼くんですが、焼いた表面の香ばしい感じはウナギの皮のようなんだそうです。岡山市にある『かばくろ』というお店のメニューなんですが、本当に美味しそうでした。

やっぱりね、蒲焼のタレをつけて焼くと、極端なことを言っちゃえば、何を焼いても美味しいような気もするんです。なので、味の決め手となるのが特製の蒲焼のタレということになりますが、焼いたウナギの骨も入っている甘辛ダレですから、豚肉にもピッタリで、ご飯にもバッチリ。ご飯にもタレをかけてましたからね〜。

そこに豚蒲焼をのせて、その上から山椒です。山椒もプラスされれば、まさにウナ重。いや〜これは、うな重の代替扱いではないですよね。別物として絶対に旨いはず。

家庭でも豚ばら肉で同じように蒲焼のタレを絡めて作ればきっと美味しいような気がします。本家の味にはかなわなくてもね。

『かばくろ』のその豚蒲焼を通販でお取り寄せできないものかと楽天を探したのですが、このイベリコ豚の蒲焼しか見つけられませんでした。これはこれで美味しそう!イベリコ豚だしね。イベリコ豚蒲丼にしたら10杯分だそうです。お取り寄せしてみようかな〜。
オレイン酸の感動はイベリコ豚だ!?イベリコ豚蒲焼き (ばらスライス使用) 500g


posted by クチコミニスト at 16:05 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする