2010年05月10日

生からすみ TOKIO『5LDK』で哀川翔さんの詰め屋

生からすみって美味しいのかな〜?食べたことないんですよね。食べてみたいんだけどな〜。
TOKIOの『5LDK』で哀川翔さんがゲストだったんですが、『詰め屋』で選んだのが「生からすみ」でした。私は日本酒も大好きなので、旨い日本酒とあの生からすみで一杯行きたいところです。美味しいんでしょ?

『5LDK』に登場したものは、松庫商店の「生からすみ」だったと思うのですが、「生からすみ」は松庫商店の3代目店主、上野初太郎さんが日本で初めて考案したんだそうです。

当時、鰡(ボラ)卵の破れたものは干しからすみとして製品にすることができなかったそうなのですが、それを何とか別の商品にできないものかと試行錯誤の末生まれたのが、「生からすみ」だったそうなんです。

今では破れた鰡卵だけでは生産が追いつかず、干しからすみの原料も使うほどの看板商品になったそうで、すっかり逆転しちゃったのかもしれませんね。現代だと「生」のほうが有り難味を私だと感じちゃうんですが、昔は干したほうが実用的だったのかもしれませんね。

そしてついに昭和47年農林水産大臣賞を受賞したそうなんです。

この「生からすみ」は、蓋を開けると海の香りが広がって、鮮やかな山吹色の粒々に食欲をそそられるそうですよ。明太子やキャビアとはまた一味違うコクのある旨味ってどんな感じの味なのかな〜。

温かいご飯にちょっとのせたり、大根おろしにのせて食べたりするそうです。また、イカや白身魚のお刺身のお醤油がわりにも使うそう。醤油代わりに「生いかすみ」?そういうものなの?でも美味しそう。

松庫商店の「生からすみ」は、塩漬けの段階から瓶詰めまで全て手作業で丁寧に作っているそうです。生カラスミも食べてみたいな〜。
楽天で通販できます。
農林大臣賞受賞!松庫商店の生からすみ!!長崎「松庫・生からすみ」90g 1本【クール便】


posted by クチコミニスト at 17:20 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする