2010年05月12日

モニターを上下から見て撮影できるデジカメ液晶モニター用ミラー『ビュープレーヤー』

コンパクトデジカメで不便だな〜と思うのは、ローアングルやハイアングル撮影がしづらいこと。ビデオカメラのように液晶モニターが上下に動けばいいのにな〜と思っていたのですが、同じように思っている人もいたようで、液晶ミラー『ビュープレーヤー』という商品を紹介してくれている記事がありました。これを付けるとローアングルやハイアングルの撮影がとてもやりやすくなるとの説明があり、実際に試している記事内容でした。

使い方はモニターの前に付属の両面テープで『ビュープレーヤー』を固定。すると、カメラに折りたたみ式の鏡を付けた状態になり、モニターの画像が鏡に映る。あとは上下に鏡の角度を調整して、鏡に映った画像を確認しながらシャッターを押すわけなのだそう。

鏡に映した画像が上下逆になってしまうのが難点なんですが、ノーマルな姿勢で鏡を覗込むだけでロー・ハイアングル撮影ができるのは、とてもありがたいようです。中腰姿勢から逃れられるので体が楽だし、ハイアングルでも被写体を確認しながら撮れるのはやっぱり良いみたい。

あれれ、知らなかったんですが、実は、一部のデジタル一眼レフカメラ、コンパクトデジカメでは、マルチビューアー機能を搭載しており、モニターが上下に動くことで『ビュープレーヤー』と同様な便利さを実現しているものがあるんですね。知らなかった。

最初のうちは上下逆の画像に戸惑うみたいですが、慣れてくると快適に撮影できるようになるようですよ。この実際の体験談を書いていた人の使用感でも、今まで使っていたデジカメとは思えないほどロー・ハイアングルの撮りやすさが向上したと書かれてました。

楽天で通販できるかなと探したら売ってましたよ。2.7インチ用と3.0インチ用があるようで、こちらは2.7インチ用。
アングルが変われば世界が変わる。ビュープレーヤー2.7インチETSUMI/エツミ E-5152


こちらが3.0インチ用。
アングルが変われば世界が変わる。ビュープレーヤー3.0インチETSUMI/エツミ E-5153


posted by クチコミニスト at 14:42 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする