2010年05月24日

カプノサイトファーガ感染症?犬・猫の細菌で感染症、死亡例も 厚労省が注意喚起へ

朝日新聞の記事によると、犬や猫の口の中にいる細菌で「カプノサイトファーガ感染症」に感染・発症し、6人が死亡していることが、国立感染症研究所のまとめでわかったそうなんです。「カプノサイトファーガ感染症」の実態はよくわかっていないようなのですが、見逃されている患者も多いとみられていて、厚生労働省は関係機関に文書で注意を促すことになったそうです。

「カプノサイトファーガ感染症」の細菌には、ひとが犬や猫にかまれたり、ひっかかれたり、傷口をなめられたりすると、極めてまれに感染、発熱や腹痛、吐き気などの症状が出るんだそうで、発症すると血圧が急に下がり、血中で菌が増え、敗血症で亡くなることがあるようなんです。高齢で免疫機能が低下した人、ステロイド剤で膠原(こうげん)病や腎炎などの治療をしている人などは注意が必要だということですよ。極めて稀ということなので心配し過ぎる必要もないのかもしれませんし、抗生剤で治療できるということなのですが、知っているのと知らないのとでは心構えが違いますよね。

02年以降、国内でも14人が発症して6人が死亡していたそうで、その14人のうち6人は持病がなかったそうです。年齢は40〜90代で平均は約65歳だったそう。

04〜07年の調べで、この「カプノサイトファーガ感染症」の原因菌が、自治体に引き取られた犬325匹の74%、猫115匹の57%から見つかったんだそう。犬や猫はだいたい持っているものと思っていてもいいくらいなのかもしれませんね。

ただ、感染力はかなり弱く、犬と猫をさわった後はよく手を洗い、口移しでえさを与えるなどしなければ、まず感染の心配はないそうです。かまれるなどして、発熱した場合、医師に相談することも必要だということのようです。

今朝のNHK「あさイチ」でも言ってましたが、今の日本はペット人口が14歳以下の人口よりずっと多い人数なほどペットが増えているそうです。「カプノサイトファーガ感染症」は昔からあったのでしょうが、最近になってわかってきたことなのでしょうかね。

この動物由来感染症という本を読むと、動物から人に感染する病気が他にもいろいろあることがわかるのですが、データベースによると、厳重な注意をするべきである、という考えに基づいて書かれたものではありません。むしろ動物好きの著者たちが、野生動物に対しては一般の人は予備知識もなくむやみに近寄らないように、動物園などでは安心して動物たちを見て、知ることができるように、家畜動物に対しては正しい飼育方法を、そして人がペットと一緒に暮らすためにはペットに対して理解を持ち、ペットをきちんと飼うことによってペットが健康にすごすことができ、そしてその結果自分たちも健康に暮らせるよう、もしペットでも人でも健康状態に異常があれば早く気づくことができるように、そんな気持ちを持ってそれぞれが担当してできあがった本です。


posted by クチコミニスト at 13:57 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする