2010年06月07日

SONYデジタル一眼レフαNEX-5 シャッター音にこだわる

「がっちりマンデー」で紹介された、SONY 一眼レフ デジタルカメラ「αNEX-5」は、シャッター音にこだわって開発されたのだそう。「へぇ〜、SONYもカメラ作ってるんだ!」と思いながら見ていたのですが、カメラの開発では、CANONやNIKONより後発のSONYだからこそ、音響メーカーというか、カメラではない部分にこだわったという感じなのでしょうかね。

言われてみればそうなのですが、もともとデジタルカメラにはシャッター音がなく、デジカメのシャター音は電子音なんだそうです。しかし、カメラのイメージを大事にして、一眼レフカメラは機械のシャッター音にこだわっているそうなんですよね。そこで、SONYの得意分野であるオーディオ機器のスペシャリスト達が心地よい高級感のある「カシャッ」というシャッター音を開発したそうなのです。

司会の加藤浩次さんも、子供の運動会の時などに、「カシャッ、カッシャッ」という音は、自分がプロのカメラマンになったような気持ちでシャッターが切れると言ってました。たしかに、あのシャッター音って気持ちいいですもんね。撮影されるモデルさんなども、あのカシャカシャというシャッター音で気分が乗ってくると言っていたりしますし、撮影風景を見ると、シャッター音に合わせて次から次にポーズや表情を素早く変えていますから、シャッター音って大切なのでしょうね。また撮影する側もシャッター音が心地良いほうがいいですもんね。シャッター音にこだわるファンは少なくないような気がします。

本来のカメラとしての部品も多いわけなので、その邪魔にならないように良いシャッター音を出せるように開発するのが大変だったというようなことも言ってましたね。

同じαシリーズの「α700」でシャッター音にこだわったときも、「使って高級感のある音」を目指したそうです。「心地いい」「キレがいい」「重い・軽い」などの項目でモニター調査を実施した結果、「心地よくて重さと軽さの中間」という音をユーザーが求めていることがわかったんだって。ミラーの上下する動きなどを調整することで、見つけ出したシャッター音を実現したそう。

カメラですから、撮影した写真が勝負なのですが、音やデザインなども大切ですもんね。

αNEX-5」は楽天で通販できます。
【送料無料】SONY デジタル一眼レフα NEX-5 ズームレンズキット シルバー [NEX-5K/S]【在庫目...


posted by クチコミニスト at 13:59 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする