2010年06月07日

オンザロックス(石のアイスキューブ)「イッテQ!」で紹介

「世界の果てまでイッテQ!」のエコスペシャルで紹介されたのが、「オンザロックス」という石のアイスキューブ。フリーザーで冷やした石のアイスキューブをグラスに入れるので、「オン ザ ロックス」という名前なんでしょうね。氷だけを入れるロックと石のロックがかかっているのでしょう。

ウィスキーやアイスティー、アイスコーヒーなどが氷で薄くなると、香りも味も台無しですが、これならそんな心配もありませんよね。薄くならないのなら、日本酒やビールにも使えそう。普通のドリンクなども冷蔵庫で冷してなかった時などに重宝しそう。

ソープストーンから生まれたオンザロックスは、水で洗って冷凍室に入れると、真っ白な霜がついたキューブになるのだそうです。ソープストーンとは、フィンランドで約2億年もの間、地殻変動が繰り返され、圧縮されて生まれたのがソープストーン。主成分はタルクとマグネシウム。料理に使われる範囲内での酸・アルカリでは変化しないそうです。耐熱性は氷温から800℃までもあるんですね。すごい!北欧の国々では暖炉にこのソープストーンが使われるそうで、その優れた保温力を利用し調理器具も作られているんだって。
最近よく見かける、アイスクリームを石のテーブルでこねる様子。あの石ももしかたらこのソープストーンなのかな〜?

それにしても、この「オンザロックス」って、見た目も神秘的だから、こんな石を飲み物に入れて飲むのも、なかなかオシャレな感じかもしれませんね。何度も使えて、飲み物を薄めないのは嬉しい!

「オンザロックス」は楽天で通販できます。
石のアイスキューブ オンザロックス


posted by クチコミニスト at 14:59 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする