2010年06月08日

ホンダ「エネポ」 家庭用カセットガスボンベで発電

ホンダと家庭用カセットガスボンベ と言えば耕運機がありましたが、今度は発電機を作ったんですね。テレビCMを見て知りました。ホンダが発売したのは、家庭用のカセットガスボンベを燃料とする小型発電機「エネポ EU9iGB」。

このエネポのYouTube動画を見てもわかりますが、カセットガスボンベ2個を燃料とする家庭用の発電機で、パソコンや照明器具、電動工具や調理機器など、消費電力900W以下の電化製品が接続できるんです。キャンプや車中泊などのアウトドアレジャーの電源や、緊急時・停電時などのバックアップ電源として使えますよね。

動画の説明に書かれてますが、ガソリンは長期保存だと劣化してしまうので緊急時のために保管しておくのに向かないそうなんですね。でも家庭用カセットガスボンベなら劣化しないので災害などの緊急時のために準備しておくのに適しているということなんだって。なるほどですよね。

エネポは女性でも持ち運びできる軽さのようだし、片手で押し引きできる大型キャスターや折り畳み式ハンドルがついているのも使い勝手が良さそう。発電システムには、ホンダ独自の「高速多極オルタネーター」を採用した「正弦波インバーター」を採用しているそうなんですが、難しい単語なので詳しいことは分からないものの、一般家庭で使用される電気と同等の電気を供給できるんだって。また、接続機器の使用電力に応じてエンジン回転数を最適に制御する「エコスロットル」も搭載しているとか。

それに気になる安全面では、LPガスの逆流を防ぐ逆流防止弁を採用していて、転倒時には自動でエンジンを停止し、オイルの流出や白煙の発生を防止する加速度センサーも搭載しているようです。ホンダのガソリン発電機と比べると、CO2排出を約10%低減できるそうだし、ガスだから燃料詰まりがないのもメリットだそうです。

エネポは、Energy(エネルギー)、Portable(携帯用)、Epoch(新時代)を組み合わせた造語だそうで、「発電機の新時代を切り開く、持ち運べるエネルギー」を意味しているとか。ホンダの一連の家庭用カセットガスボンベ路線は、次にどんな画期的なものが登場するのか?楽しみです。

エネポは楽天で通販してますよ。
カセットボンベガスで発電するスグレモノ!【お買い物マラソン06送料無料】【送料無料-0607】HO...


posted by クチコミニスト at 16:13 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする