2010年07月06日

マンモグラフィ検診精度管理中央委員会とは?

マンモグラフィ検診精度管理中央委員会とは、マンモグラフィの精度管理について検討し、その管理運営を行うことを目的として設置された委員会なのだそうです。乳がんの早期発見にはマンモグラフィーによる検診が効果的というのが分かっていても、マンモグラフィ検査は痛いと聞くし、やっぱり胸を出すのは恥ずかしいし、病院に行く時間も費用ももったいない・・・というのが本音だったりしますよね。 だからといって、チェックしておかなければ乳がんは心配だし・・・。

でも、乳がんって自分自身でチェックできる唯一のガンであるとも言われています。セルフチェックで自分の乳がんを早期に発見した人もいますよね。タレントの山田邦子さんも番組収録中にご自分で発見されたとか。
楽天でこんなキットが通販されてましたよ。
【ポイント最大10倍】 自宅検診キット 乳がん自己検診 Livエイド リブエイド 乳がん早期発...


マンモグラフィー検診精度管理中央委員会が推進する機器を設置している医療機関の一覧表である「マンモグラフィー検診機器が整備された全国の医療機関名」というのがあるのですが、やっぱり最適な機材というものがあるのでしょうね。これも楽天で見つけたんですが、乳がんを発見するにはこういう専門の機器が必要なのでしょうね。
医療画像用液晶モニター NECディスプレイソリューションズ MultiSync MD205MG-1


posted by クチコミニスト at 17:03 | 医学・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする