2010年07月07日

にんにく卵黄の作り方(あさイチ)

NHK「あさイチ」で紹介していた、宮崎美代子さんの「にんにく卵黄」の作り方レシピです。

愛媛県四国中央市の宮崎美代子さん(82)は伝統的な健康食「にんにく卵黄」を手作りしています。これを飲むまでは病気がちだった体が、今はとても健康だという宮崎さん。
数年前の体力テストでは50代と診断されたお元気な宮崎さんの暮らしぶりとにんにく卵黄の作り方をご紹介いただきました。

※宮崎さんはお一人で、にんにく卵黄を作っています。新たに販売できる余裕がないので、購入のお問い合わせなどはご遠慮ください。

にんにく摂取のめやす
昼・・・2〜3日に1回 5〜10グラム(1かけ〜2かけ)
食べ方・・・空腹時はさける(刺激が強く伝わる)、たんぱく質(肉など)と一緒に食べる

【宮崎さんのにんにく卵黄】
<材料>
・にんにく・・・2キログラム
・卵黄・・・3つ
・ハチミツ・・・大さじ2
・ごま油・・・大さじ4

<作り方>
1.にんにくを3〜4かけらほどの大きさにほぐし、お尻の部分を包丁で切り落とす。
2.にんにくは中が柔らかくなるまで、鍋などで蒸す。
3.蒸したにんにくと卵黄、ハチミツをフードプロセッサーに入れ、どろっとするまで混ぜる。
4.フライパンなどに移し、ごま油をかけ、強火で加熱。
5.シュポシュポという音と白い煙がでてきたら、弱火にし、一日中(8時間)かき混ぜる。
6.黒く変色し耳たぶぐらいの柔らかさになったら、梅干し大にちぎっていく。
7.室内で10時間ほど寝かし、今度は手で棒状に伸ばす。
8.棒状に伸ばしたものをさらに7時間乾燥。(包丁で切るのにちょうどいい堅さになるまで)
9.乾燥させたら、5ミリメートルから7ミリメートルの長さに切る。
10.それをさらに10時間乾燥させれば完成。
※飲む目安は1回5粒ずつ1日2〜3回だと宮崎さんはおっしゃっています。

posted by クチコミニスト at 11:42 | あさイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする