2010年07月21日

パニック障害・恐怖症 完全改善プログラム

ナイナイの岡村さんが「擬態うつ」なのかもしれないという記事も書きましたが、継続的なうつ病患者を20年間観察した結果、そのうち約10%が自殺をしているという研究データが発表されているそうです。また、自殺者の95%は精神疾患を伴っているそうです

そりゃあそうですよね。自分で命を絶とうと思うまでおいつめられるんですから、普通の心の状態であるわけがありません。それを精神疾患と呼んでしまうのは、あまりにも可哀想な気持ちさえしていまいます。

日本は年間3万人以上が自ら命を絶っているんですもんね。実は私もここ数年、少しウツなのかもと思うような状態が続いています。まだ重症(こう呼ぶのが正確なのかどうか分からないのですが)にはなっていないと思うのですが、以前より明るさが減っていることは自覚してるんです。数年前とは明らかに違う自分であることを自覚しています。前にこのブログでも書いたように男性更年期障害なのかもしれないですけどね。

恐怖症がパニック障害を招き、そして外に出る事ができなくなり、自分を責め続けて最終的には「うつ病」になることがあるそうなんです。それが続くことで自殺にまで追い込まれてしまう。パニック障害・恐怖症が長期化すればするだけ、その危険性は高くなってしまうそうなのです。

また、パニック障害・恐怖症は心だけが原因の病気ではないこともあるようです。心の病気の本当の原因は、血液や内臓免疫バランスの異常のケースもあるそうです。心のバランスが崩れたことで体に影響が出ることもありますよね。私もストレスから発疹が出た経験があります。たぶんストレスが原因だったと思うのですが。

パニック障害・恐怖症 完全改善プログラム」は、薬を飲まずに、自分一人で、恐怖症・パニック障害を、29日以内に克服する方法なのだそうです。パニック障害や恐怖症で悩んでいるのなら検討してみてください。

内容についてもっと詳しい説明がこちらのページに書かれていますので読んでみてください。
パニック障害・恐怖症 完全改善プログラム


posted by クチコミニスト at 17:02 | 医学・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする