2010年08月02日

「サモスの賢人」と呼ばれていた数学者は誰でしょう?

「サモスの賢人」と呼ばれていた数学者は誰でしょう?ということですが、私が知ってる数学者は秋山仁先生だけです(笑)。賢人で知ってるのは、ソロモン流に出てくる賢人だけですけど何か?(笑

さてさて、「サモスの賢人」と呼ばれていた数学者とは誰?の答えはこの人です。


「サモスの賢人」と呼ばれていた数学者は、紀元前582年 - 紀元前496年。この人の名前そのままの「???の定理」が有名ですよね。

古代ギリシアの数学者であり哲学者。

彼の数学や輪廻転生についての思想はプラトンにも大きな影響を与えたそう。

「サモスの賢人」だけでなく、「クロトンの哲学者」とも呼ばれました。

この「サモスの賢人」と呼ばれていた数学者の最期には、4つの説があるんだって。

一つ目は、
クロトンの家にいる時に放火されて、逃げ出し、豆畑まで来た時に立ち止まったため、追手に捕らえられて咽喉を切られて殺された。
二つ目は、
メタポンティオンのムゥサの女神たちの神殿に逃げ込み、40日間の断食をした後で死んだ(ディカイアルコスの説)。

三つ目は、
メタポンティオンに退き、断食をして死んだ(ヘラクレイトスの説)。

四つ目は、
アクラガス人とシュラクサイ人との戦闘に参加し、アクラガス軍の側に味方して戦った。しかし、アクラガス軍が退却したため、豆畑を避けて廻り道をしようとした時に、シュラクサイ軍に捕らえられて殺された(ヘルミッポスの説)。


「サモスの賢人」と呼ばれていた数学者は、物事の根源、即ち「アルケーは数である」と考えました。

彼の数学者教団と呼ばれる独自の哲学学派は、哲学界における様々な定理を見出しました。この学派のシンボルマークは五芒星だって!五芒星って陰陽師でしたっけ?安倍晴明。
五芒星じゃなかったかな?

「サモスの賢人」と呼ばれていた数学者は、無理数の存在を否定していたそうなんですが、無理数が存在しないという考えは後に修正され、皮肉な事に、シンボルマークの五芒星に現れる黄金比が無理数だったそう。ちなみに、無理数の存在を否定するがあまり、無理数について口外した仲間を溺死させたことさえあるとされているみたいです。

「サモスの賢人」と呼ばれていた数学者の名前がついた「音律」もあるんだって。

「サモスの賢人」と呼ばれていた数学者は誰でしょう?

分かったかな?

posted by クチコミニスト at 14:07 | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする