2015年08月21日

アメリカで大ブーム!マックやスタバの裏メニューとは?

「裏メニュー」って、日本でもたまに話題になることがありますよね。最近はツイッターなどのSNSやユーチューブなどかあるので、昔は常連さんや知っている人だけが「こっそり」と頼んでいた裏メニューが、今ではあっという間に拡散してしまうようになったのかもしれません(でも、きっと、本当の裏メニューは、その人だけが隠し持っているのかもしれませんけどね)。

と言っても、日本では、珍しいから裏メニューが話題になるのだと思うのですが、アメリカの裏メニューというのは、とんでもないことになっているようです。
それが、この記事
アメリカで大ブーム!マックやスタバの裏メニューとは? by 留学広報部

マックやスタバ、ケンタッキーフライドチキンなどの超有名大手チェーンにある裏メニューなわけですから、すぐに拡散されたのでしょうし、この記事によるとスタバの裏メニューの数は、なんと200以上もあるってんですよ。200以上もあったら、表メニューより多いんじゃないかって話ですよね。裏メニューというより、お客さんのリクエストには何でも応えますということで、どんどん裏メニューが増えていったのでしょうね。

マクドナルドの裏メニューバーガーもすごいことになっています。記事では、「推定1,140キロカロリー」となっていますけど、画像を見ると、これはもっとありそうに見えます。でも、私もチャレンジしてみたい。
さらに、ケンタッキーフライドチキンの裏メニューもすごい。これも食べてみたいな〜。
しかし、あのアメリカ人でさえチャレンジングと考えているようなので、厳しいのかもしれません。


アメリカに留学した人は、これらの裏メニューに挑戦してみるのがいいと思いますが、オーダーが通じるかという問題もありますね。でも、ファストフードの注文で英語を練習するのがよいと言っている専門家もいますから、毎日、いろんな裏メニューを注文することで、英語も上達するかもしれませんよ。そのときは、画像をアップして教えてくださいね。
posted by クチコミニスト at 14:10 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする